初バイトを2時間でやめた話

退職
こんにちは!
 
今日も疲れたよう
 
 
私は今まで10回以上もの転職をしてきましたが、その原点となったバイトの話をします♪
 
 
 
高校一年生の頃。
はじめてアルバイトをしました!
 
 
やろうと思った理由
 

洋服買うお金がほしい

学校以外の人と関わりたい

 
 
タウンワークで探して、すぐ近くのコンビニに決めました。
 
 
後日、ドキドキで面接へ行きます。
 

 

 

面接をしてくれた店長さんは、とても明るく、感じの良い人でした!

 
聞かれたことは、
 
 
高校でバイトOKなのか?
 
どれくらい働けるのか?
 
 
簡単な内容でした。
 
 
 
面接が終わり、その場で採用が決定。
 
 
 
ひと段落して、帰る気満々。
 
 
 
帰ろうとする私に、店長が、
 
「今から2時間働いてほしい」
 
 
「まじかよ」
 
 
 
断る事はできない。
 
 
 
仕方がないので2時間頑張ることにしました。
 
 
 
レジの袋詰、挨拶、ゴミ捨て
 
簡単なお仕事を教えてもらいました!
 
 
これだけでも、初めてのアルバイトだったこともあり、すごーーく疲れました!
 
 
 
知らない人たちの中で気を使い、さらに仕事も覚えなくてはいけないという辛い時間。
 
 
全然想像してたのと違う!
 
アニメやドラマでみる楽しいバイト風景と全然違う!
 
こんなつまんないことする必要ないかも!
 
長期連休なのにこんなことしてバカみたい!
 
そんな事を思いながら帰ったのを覚えています!
 
 
次行くのが嫌で面倒になり、
 
制服にごめんなさいの手紙を添えて郵送で返しました。笑
 
 
 
高校生なんてこんなもんでしょう!
この後も他でバックれしましたけど(^^)
 
しばらくはそこのコンビニはいけませんでした!
 
今は正々堂々買いに行けます。
 
常連です。