新入社員で私がぼっちになった話(泣)

私生活・わたしの事

 

仕事帰り、ブックス&カフェに寄りました。

購入前の本を持ち込みOKなので、本を一冊持ってカフェに移動。

 

そのカフェで大学生の新人バイトらしき男の子を発見!

慣れない仕事で、たまに注意されたり、あれやってこれやってと指示をされ、皆にペコペコしながら頑張っていました。

 

その姿を見て「私だけじゃなかった!」とすごく安心しました。

 

こんなにバイト先で上手くいかないのは、私だけなんじゃないか?と不安に思っていたからです。

新人はみんな、こんな感じでした。

ペコペコしてるのが普通でした。

職場に新人は私一人だけだから、自分が普通じゃないと思い込んでいただけ。



自分は全然普通だったんです!

同期という存在がいたら、もう少し気が楽だったかもしれません。

 

新入社員でぼっちだった話

同期といえば、

私が新入社員の頃、同期は30人近くいたんですね。

 

私は誰とも仲良くなることが出来ず、

新入社員研修やイベントでぼっちという、つらい経験をしました…

 

私以外の子は、仲のいい子がいて「2人ペアと言われたらあの子!」という存在がちゃんといたと思います。

誰もいないのは私ぐらい。


近くにいたりすれ違った時は話をするけど、常に一緒に行動する子がいなかったんです。

 
 

お風呂に行くのも一人、お泊まりの部屋で過ごすのも一人、BBQも一人。

 

とても惨めな気持ち。。。

 

新入社員で分からないことだらけの中、一人で行動するのは本当大変でしたね。

 

イベントがとにかく大好きな会社だったので、毎回泣きそうでした。

これは私が新入社員で入社した会社を、早々に辞めた理由の原因の一つです。

 

同期が心強い場合もあれば、最悪な場合もあります。

馴れ合いが好きな会社だと、ぼっちは悲惨な事になります。