働きたくない女に向かない仕事!2選

働きたくない
 

10社以上の転職経験とあらゆる職種を経験し、私自身が向いていないと思った仕事をご紹介します。

 

転職を繰り返す、働きたくない人は、

難しい事・面倒な事を覚えるのがすごく嫌いだと思います。





難しい事、面倒な事が多い仕事は、やってはいけません。





だからと言って、単調すぎる仕事も、刺激のなさにうんざりします。


まず私は、販売、接客、工場、事務の経験があります。

圧倒的に向いていなかった、続かなかった仕事は、

 

忙しい接客業

工場のライン作業

 

大体が、2ヶ月以内に退職しています。

 

接客業が不向きな理由

接客業といっても忙しい店もあれば、暇な店もあります。

普通~忙しいレベルの接客が”不向き”です。

 

接客業は労働環境が悪いです。

この時点で続く可能性は低い。
 
 
様々な細かいサービスをしているお店だと、複雑で面倒に感じる作業が多いです。
 

それを、0~100まで覚えなければいけません。
1つ覚えたらまた1つ出てきます。

 

全部覚えるのに、半年はかかる。

 

忍耐力なしで仕事を覚えるのが苦痛という人が、忍耐力勝負の接客という世界に入るのは、やめた方が無難です。

 

さらに、面倒な人間が嫌いなのに、人間の面倒を見ることが仕事。

苦痛なことを長時間続けるというのは、どうしても限界があります。

 


もし続けるとしたら、苦手を克服するという強い覚悟と忍耐力が必要不可欠。

 

仕事が続かない女が、苦痛の多い職場で、最大限のやる気を出すことが出来るとは思えません。

仕事が嫌いなのに、仕事のために頑張る気には到底なれない。

 

 

ライン作業が不向きな理由

ライン作業は黙々と簡単な仕事をやるだけのイメージです。

これは一見向いているように思えますが、不向きです。

 

ロボットのような仕事で、”働かされてる”という気持ちが芽生えます。

 

ラインが止まらない限りは、自由に動き回ることは許されない。

手を止めることもできない。

 

事務なんかは、たまに一息ついてネットサーフィンできたりします。

ライン作業ではありえません。

完全に会社の奴隷です。

自分の人生に一切プラスにならない。

ただ自分の時間と引き換えにお金をもらう。
本当に何の意味もない時間を過ごします。

 

「何のために生きているんだろう?」

 

自分の人生について、自問自答を繰り返す日々になります。
 

自由を求める気持ちが人一倍強い私たちにとっては、不向きな仕事です。

 

仕事が続かない、働きたくないという人は、苦痛を耐えて耐えてその先に行くのは難しいです。

だからと言って、

ロボットのような仕事もだめ。

拘束される仕事は、自由人には向きません。

最初は良くても、

意味のない無駄な週5日8時間に、うんざりすること間違いありません。

 
 
 
 
にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ