仕事が嫌で眠れない夜はどうしたらいいの?

働きたくない

眠いけど、寝たらすぐ明日になる。

また仕事に行かなければいけない。

 

行きたくない。

寝たくない。

毎晩、「寝たいけど、寝たくない」という葛藤に、苦しむ人は多いのではないでしょうか?

 

眠れない原因とは?

 

  • 人間関係が良くない
  • 職場に溶け込めてない
  • 怒られるのが怖い
  • 仕事内容に不満や不安がある
  • 飲み会に行きたくない
  • 職場の環境が悪い

 

どうしたら眠れるの?

寝る数時間前にお風呂に入っておく、温かい飲み物を飲む、リラックスする。

たしかに、こういう行動で眠りを誘うという方法もあります。

 

ですがほとんどの人は、気持ちの問題なので、これだと「我慢して寝ないように」しちゃいます。

 

今回の場合は、心の保ち方が重要かと思います。

私の眠れない夜の考え方。

超強気になる

 

今は、上司や嫌いな人に「また明日嫌な事言われる…」と弱気になっていると思います。

でも弱気ではだめです。

心の持ち方を180度変えてみましょう。


ぶち殺すぞ!
くらいの気持ちでいよう!

 

「何か嫌な事を言われたり、理不尽に怒られたら・・・」

 

睨んでやる。

冷たくしてやる。

その場で退職届だして困らせる。

返事なんてしてやらない。

舌打ちしてやる。

 

これぐらいの、超強気な心構えでいましょう。

いつも弱い立場にいる自分でも、いざという時はブチギレたら良いんだ!と思う事。

 

仕事以外のビッグイベントを見つける

この世は、仕事が全てではないです。

それでも、長い拘束時間で仕事が全てのように思えます。

 

実際、こんなにも仕事に支配されるなんておかしい。

 

お金を稼ぐ手段であって、人生とは仕事ではありません。

 

そうはいっても、そう考えただけでは気持ちは軽くなりませんよね。

仕事の事なんてどうでもよくなるような、刺激的な事を見つけましょう。

例えば、

  1. マッチングアプリでデート相手を探してデートする

    異性とのデートは、ハラハラドキドキすることが出来ます。

    恋人がいないのなら、マッチングアプリで適当なデート相手を探すのもアリです!

  2. 社会人の趣味サークルに入ってみる

スポーツやダンス、映画など様々なサークルが、検索して探すと沢山あります。

職場以外の居場所があると、気持ちが少しだけ楽になるのではないでしょうか。

 

刺激的な事で、仕事の苦痛を少し和らげましょう。

自分の人生の通過点に過ぎない事を知る

人生はまだまだこれから。長い人生の中で、一瞬の通過点でしかないのです。

ブラックな職場なら、その職場をいつかは辞めますよね。
ただお金のために利用しているだけの、人生の通過点に過ぎない。

嫌な奴に嫌な事を言われる日々。

今の会社を辞めてしまえば、そんな人たちはゴミのような記憶となり、どうでもよくなります。

新人で、仕事に慣れず今がつらいのなら、仕事に慣れたらだいぶ良くなります。
100歳まで生きるとして、残り80年のうちの1年。

いまはただの通過点。

自分の、これからの人生設計をすることで、より、今をちっぽけに感じることが出来ます

 

私が眠れなかった時の話

silhouette of buildings under cloudy sky during sunset

 

私が新卒で入社した食品会社は、上司が理不尽でとても怖い人でした。

さらに、仲のいい人は一人もいない。

仕事自体もかなり忙しく好きじゃなかった。

 

精神的にも体力的にも、疲労が限界まで来ていました。

毎日泣きながら職場へ行き、泣きながら帰る。

結構地獄のような毎日でした。

 

その時期は、めちゃくちゃ眠たかったのに、寝たくなかったので、スマホで不幸な人を探して「私の方がまし」を沢山探していました。

 

結局いつのまにか寝てしまい、朝になって絶望。

green ceramic mug on wooden desk

起きたくなくて、ギリギリまで寝て、泣きながら出勤。

今思うことは、あの頃はやっぱり異常だったということです。

いままで多くの職場で働いてきましたが、普通の会社なら、泣きながら会社に行くなんてない。

普通の人は、眠たいのに、夜中3時までスマホで不幸な人探しはしません。

 

朝が来た時の対処法

woman in white panty lying on bed with pink box on lap

いつのまにか寝ていて、朝が来ていた。

この絶望的な時間は、1日の中でもとくに最悪な瞬間です。

これはどうする事も出来ません。

 

ギリギリまで寝ているよりは、いつもより1時間余裕をもって起きる方がいいです。

余裕をもって起きることで、自分の時間が出来ます。

 

起きる→すぐ仕事ではなく、

起きる→”好きな時間を過ごす”→仕事に行く。

 

朝、好きな事をするというワンクッションを加える事で、起きた瞬間が少しはマシになるかもしれません。

 

それでも絶望的な事には変わりありませんが、ギリギリで起きるよりは、良い朝になります。

 

環境が変わらない限り、気持ちよく眠る事は不可能

環境が良くならないのなら、眠れない問題を解決することは出来ません。

心の持ち方だけでは、無理があります。

 

ブラックな職場なら、辞める覚悟を決めて早々に辞める方向に動くことが、1番いいです。

今だけ我慢しなければいけない状況なら、心の持ち方でどうにかして踏ん張るしかありません。

 

この状況は今だけです。

気持ちよく眠れる日はすぐにきます。