働きたくない人はニートになるべきだと思う

働きたくない

私はマジでガチで働きたくありません。

でも、ニートをやるぐらいなら働く方が全然良いです。

 

ニートで地獄を見ると、【働くって幸せなんじゃないか?】と思えます。

 

働きたくない人は、一度、地獄のニート生活を経験してみる事をおすすめします。

働く意味みたいなものが見えてきます。

 

短期間だと、ただ楽しいだけで終わってしまうので長期間ニートじゃないとダメです。

 

今回は、ニートを何度も経験してきた私が、ニートをして感じたことを書いていきますね。

 

ニート生活のリアル

働き者の皆さんは、ニートと聞くと、どんなことを思い浮かべますか?

 

昼まで寝て起きたい時に起きる

ゲームやネットに明け暮れる

お菓子やジュース、お酒を好きな時に飲む食べる

ストレス0で嫌な事がない毎日

ゴロゴロして、のんきに過ごす

 

ニートの経験があまりない人は、ストレスなしで羨ましいと思っているんじゃないでしょうか。

 

私の周りの人も大体が、

「ニートになりたい」

「ゴロゴロしたい」

「ストレスないんだろうね」

とニートは楽しいものだと勘違いをしています!

 

数週間程度のニートだったら、想像通り、めちゃくちゃ楽しい☆

朝イイ気持ちで起きて、朝ご飯美味しく食べて、好きな事やって、また寝て…

 

ニート初日はとくに最高☆

 

ですが、

1カ月以上ニートが続くと、とてもしんどくなってしまいます。

不思議ですよね、初日は天国並みの幸福感で包まれるのに。

 

長年ニートを楽しんでる人って、異常な人かよっぽど人間界になじめない人です。

 

実際のニート生活は、面白さのかけらもありません。

 

楽しいも苦しいもなく「無」の毎日

笑う事がほぼない

起きてもやる事はない

寝すぎて寝れない

ご飯をたべても何も感じない

お酒を飲んでも美味しくない

お菓子食べても幸せじゃない

両親に申し訳ない

人生に絶望する

ゲームやネットなんてやりすぎて頭痛いだけ

遊び行く気にならない

何をやっても幸せは感じない

 

ニートのび子
夕方はビール飲もーっと。

ビールゴクゴク…

ニートのび子
可もなく不可もなく。

 

エア出勤で働きたい欲が上昇

エア出勤を3日ぐらいしたら、死にたくて死にたくて、どうしよう?!ってなります。

働きたい欲を上昇させるために、エア出勤をしてみるのもおすすめです。

 

公園の駐車場で寝たり、車の中で動画を見たり、ウィンドウショッピングをしたり。

朝から帰宅時間まで、ずっと外で暇をつぶします。

 

のび子
私って生きてるの?死んでるの?何してるの?

 

エア出勤3日目あたりになると、もうやりたい事はなくなります。

 

ネットサーフィンも、一人カラオケも、ショッピングも大体全部終わってます。

やりたい事もやるべき事もない。

なんにもない。

暇つぶしすることがないから、意識なくすしかない。

寝るしかない。

のび子
仕事でいいから時間つぶしたい(´;ω;`)暇すぎて死ぬ

 

1日24時間あっても、やりたい事なんて意外とないんですよね。

 

ニートを経験すると分かる事

ニートは無駄な時間だけど、完全に無駄にはなりません!

ニートをすることで、働く事はメリットだと気づけます。

 

なんで働かないといけないの?ってずっと悩んでいる大人も沢山いますよね。

 

私が感じた働くメリット

  • 仕事以外で辛い事があった時、仕事に救われる
  • 働いた後のご飯、お酒は最高に美味しい
  • 空いた時間にできる趣味が楽しすぎる
  • ネガティブになる時間が減る
  • ストレスがあるからこそ、幸せを感じたり楽しみが出来る

 

ニートを何度も経験したことで、働くって悪くないなと身をもって感じました♡

 

働くって、お金を得るためだけど、それだけじゃないと最近は思います!

色んな所にいい影響が出ていました!

 

制限があるからこそ、楽しい!

仕事をするからこそ、プライベートの時間が楽しい!

 

苦しい思いはしたくないけど、多少のストレスを強制的に与えて、ご飯が美味しいとかお風呂が気持ちいとか、そういう小さな幸せを感じる事で、1日が1日が楽しくなるんだと思います。